2018年05月26日

「犬ヶ島」観てきました。

気になっていた映画「犬ヶ島」、公開初日に鑑賞してきました。
ストーリーも面白かったんですが、圧倒されましたね、映像に。
ほぼ全編、コマ撮りのアニメーションなんですが、「これ、どうやって撮ってるのかな?」とか、そんなことにも興味をそそられながら、飽きることのない100分でした。
エンドロールもしっかり見ましたけど、モデラーとクレジットされている人の数の多いこと(笑)。主役の犬たちはもちろんのこと、登場する人間たちなど、いわゆるパペット制作を担当しているスタッフですが、この人たちの技術がどれほどのものなのか、一度でいいから見学させてほしい。
材質は粘土ではないので、直接役立つテクニックではないのかもしれませんが、単なる人形じゃなくて、1コマ1コマの撮影に適した作り(関節部の構造だったり、耐久性だったり・・・)になっているはずで、その構造の詳細が知りたいです。本当に。

「犬ヶ島」公式サイト
http://www.foxmovies-jp.com/inugashima/

上映前の予告で、たまたまアードマン・アニメーションズの新作が公開になるのを知りました。今度は原始人がサッカーやるみたいで(笑)。タイトル忘れちゃいました。
こちらの製作会社は「ウォレスとグルミット」がヒットしてから、劇場用映画を何本も作っていますが、監督のニック・パークが一人で作っていた頃の粘土の質感が感じられる映像と比べるとのっぺりしちゃったなぁ、とちょっと寂しい気分になります。新作も油粘土じゃないみたい・・・。これならCGでいいんじゃないか、って思ってしまいます。

予告編ありました。タイトルは「アーリーマン」でした。
https://youtu.be/uEgtgwqR7M8

相変わらず好きですよ、アードマン。「ひつじのショーン」も可愛いし。

*LINEアニメーションスタンプの新作ですが、いまだに「審査中」が続いていて、承認の連絡が来ません。今月中にリリースしたいんだけどなぁ・・・。
posted by nozomu at 01:01| Comment(0) | 日記

2018年05月23日

スタンプ、突き返される。

LINEスタンプの続報です。
審査のリクエストをした第2弾のスタンプですが、早速LINEサイドから返答がきて、
「うわ、今回はめちゃ早いな♪」とルンルンしながらメッセージを確認したところ、不覚にもリジェクトのお知らせでした。どういう原因で突き返されたかというと、例を挙げるなら、このアニメーションだとわかりやすいと思います。

15_270-270.gif

アニメーションスタンプを作成する際のルールがあって、アニメの1フレーム目がメニューで表示される静止画として登録されることになっていて、ユーザーが見て何を表すスタンプかが、その1枚の画像でわかるような作りになっていないといけないということなんです。作り手のこちらとしては、オチを最初のフレームに持ってくるのは避けたいわけで、とくにこのような「あっかんベェ」なんてのは、最初のコマは平然としている画にしたいじゃないですか。
16個のスタンプのうち、7個がその理由で差し戻されました。
できれば、その静止画として使うフレームはこちらに選ぶことができるようにしてもらいたいなぁ、と。
まあ、でも仕様は仕様なので、それに従わなくては通らないんでね。泣く泣く変更しました。

メッセージが届いてから1時間後には、修正したもので再度審査のリクエストをしました。
他に問題がなければ、たぶんそれほど時間もかからずにパスできると思います。
posted by nozomu at 00:07| Comment(0) | 日記

2018年05月21日

宣伝活動。

やっと“つぶやき”始めました。
いろいろ勉強しています。#(ハッシュタグ)の付け方とか、その効果とか・・・。
ソフトバンクの孫さんのフォロワーが何人だとか、有吉のフォロワーがすごい数だとかいろいろ聞きますが、それはやっぱり人物自体が有名人だから、というのもあるでしょう。一般人でも中にはすごい閲覧数の方もいるんでしょうが、それほど楽しく中毒性のあるネタをお持ちなんでしょうね。
始めたばかりなので、誰のツイートもフォローしていない私ですが、ちゃんと楽しめるのでしょうか・・・。

楽しむのが目的ではなく、宣伝活動のために始めたのでした。
一回のツイートが140文字までで、画像などを載せるとさらに減るということです。ひと言で済ませる癖をつければいいんですが、根が書きたがりなのでどうしても長文になってしまいます。基本的にはLINEスタンプの売上げを伸ばすためなので、制作過程の画像や進捗状況などを中心にツイートする予定です。ご興味のある方は以下のところですので、よろしくお願いいたします。

https://twitter.com/nozomu42131366

で、その効果について。19日の夜に始めたんですが、ここ数日まったく動きのなかった販売数が19日に40〜50ほどになっているんです! このブログなどはアクセス数とか訪問者数、その詳細がわかるんですが、Twitterはそのようなデータがユーザーには見えないので(「いいね」をつけてくれたり、メッセージを残してくれればわかりますが)、どれだけの人の目にふれたかがわかりづらいです。
(私が知らないだけなのかも。ご存知の方がいらしたらご教授ください)

いずれにせよ、少なからず効果はありそうなので、ちょこちょことツイートし続けようと思います。

新作のスタンプは、相変わらず「審査待ち」。週明けには「審査中」に変わるか・・・。
次のスタンプの構想をそろそろ固めようと思っています。詳細は次回。
posted by nozomu at 00:21| Comment(0) | 日記

2018年05月18日

第2弾のスタンプ、ただいま審査中。

LINEのアニメーションスタンプが完成しまして、審査のリクエストをしました。
前回は、リジェクトされることなく審査開始からほどなく発売することができましたが、アニメーションの場合はいかに。チェック項目も多くなるのかも知れず・・・。

ここではテスト用に作ったGIFをお見せします。
ちょっと荒い感じですが、LINE版もさほど変わりません。

01_new.gif

こんな感じの動画が16個入って、240円。高いのか安いのか・・・。

どうやったら私のスタンプの存在を多くの人に知ってもらえるのか、そのことをずっと考え中です。
Twitterのアカウントもとったのですが、いまだ呟けず。何か居心地が悪い・・・。
そのへんのことは後日まとめて書こうと思います。


posted by nozomu at 23:52| Comment(0) | 日記

2018年05月14日

ちょっと失敗・・・

こんにちは。
今、LINEスタンプのアニメーション版を制作中です。
わかってはいましたけど、画像加工の数が多すぎて、なかなか先が見えてきません。
1セット16個のスタンプで作っていて、アニメーションさせるコマ数が多いものもあれば、少ないものもあって、平均して10コマずつ。
撮影した画像が160以上あるわけで、これを1点ずつキャラの背景が抜けるように切り抜く作業をしているのです。
どういう作業かと申しますと、下の画像のように「こま犬兄弟」のキャラクター・狛二郎の輪郭のポイントを手作業でチクチクとクリックして囲んで行くわけです。

path_image.png

こんなことを繰り返していたところ、ふと昔のことを思い出しました。
数少ないコマ撮りアニメの仕事をしたときのことですが、背景とキャラクターを合成して画を作っていく際に、背景画像の上に乗せるキャラクターの撮影はブルーバック(青い紙を背景にして)で撮影していたことを思い出したんです。
「最初に気付けよ、そんなこと」って感じですが、2つの映像を合成するときによく使う基本テクニックで、当然静止画でも同じテクニックは使えますし、Photoshopでもマスク処理が簡単に行えるので、こんな風に1枚1枚チクチク切り抜く必要もなかったんです。
今回は、撮影前にそのことを考えずに白バックで撮影してしまったために、キレイにマスク処理ができる状態ではなく(目も白い部分があって、白でマスクをすると白目の部分も抜けて背景が見えるようになってしまったり・・・)、いろんな意味で切り抜く以外に方法はない。
仕方がないので、今回はすべてチクチクします。7つ目がやっと終了。

次回からは撮影後の処理に時間をかけることなく、効率よくできることでしょう。たぶん。

posted by nozomu at 00:10| Comment(0) | 日記